診療科目

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時あなたの呼吸は止まっていませんか?

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に舌や軟口蓋が弛緩し、一時的に軌道が閉塞されるため、呼吸が停止する病気です。
一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上、または、睡眠1時間当たりの無呼吸回数や、低呼吸回数が5回以上発生し、そのいくつかはノンレム睡眠期(熟睡時)にも出現します。
呼吸の停止により脳が酸素不足を感知して呼吸回復するために一時的な覚醒を即すので、窒息することはありませんが、この呼吸状態を一晩に何度も繰り返すことで、睡眠不足による昼間の強い眠気や様々な病気を誘発することが分かっています。
無呼吸状態が続くことによる身体の負担は日常生活に及ぶだけではなく、心疾患、動脈硬化、糖尿病、脳卒中など生活習慣病の減となることも分かってきました。

いびきは睡眠時無呼吸症候群(SAS)と密接な関係があります。

「いびき」は、睡眠中に舌やの喉の筋肉が弛緩(ゆるむ)ことで、上気道を部分的に狭くし、呼吸の流れで粘膜が震えて発生する振動音です。 その原因はさまざまで、肥満や咽頭扁桃(アデノイド)、骨格(あごが小さい/狭い)、鼻疾患、アルコールや薬物摂取などがあります。
”いびき”は主にその耳障りな音ばかり問題視されがちですが、実はより深刻な病気”睡眠時無呼吸症候群(SAS)”の兆候と言われています。

このような症状はありませんか?

睡眠時無呼吸症候群セルフチェック

  • いびきが大きい
  • 寝ても疲れが取れた気がしない
  • いびきが急に止まる(呼吸も止まっている)
  • 日中に急に眠たくなる
  • 朝起きたら頭痛がすることがある
  • 夜間多尿・夜尿症
  • 睡眠中の多動
無呼吸症候群は歯科で治療できます
スリープスプリント

保険適用も可能!マウスピースでの治療が可能です。

スリープスプリントと呼ばれる睡眠時に装着するマウスピースを作成し、睡眠時に装着していただきます。
マウスピース(スリープスプリント)を装着することにより

①下顎が前方移動することにより舌が前面に牽引されて気道が拡大する

②下顎が固定される頤舌骨筋など舌骨上筋群の収縮によりといったことが期待されます

効果・有効率は90%と非常に高い有効率です。
このマウスピース(スリープスプリント)は軽度(AHI:5~15)、中等度(AHI:15~30)のOSASに有効とされています。

マウスピースの治療が適用となる方

・虫歯や治療中の箇所がなく、お口の状態が落ち着いていること

・口を開けると痛いなど、顎に問題がないこと

保険の適用を希望される方へ

保険が適用になるのは専門の医療機関で検査を受けて閉塞型睡眠時無呼吸症と診断された方となります。
その際、紹介状を持参ください。
いびきや無呼吸症候群の診断をされなかった方は保険の適用が出来ず自費の治療となります。詳細はお問い合わせください。

関連リンク

予防歯科ページへ 審美歯科ページへ
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 義歯・入れ歯
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • 口臭治療
  • 訪問歯科
歯周安定期治療 こくば歯科スタッフのお仕事 スタッフ募集
ページトップへ戻る